SSブログ

候補者乱立への対処法

今日はがっちゃん(嘉多山信くん)が我が音楽室に来てくれます。

*

今日は沖縄慰霊の日。
合掌。
再び彼の地が戦場になっては絶対にいけない!
それだけは確かでしょう、ウチナンチュの皆さん。

*

都知事選の候補者掲示板がひどいことになっていて、
千葉県知事さんが、候補者乱立に歯止めが必要ということで、
立候補には一定数の当該選挙区の有権者が立候補予定者を支持しているという署名を
必要とするよう法改正すべきと。

なるほど、です。

供託金では歯止めになっていないのですね。
立候補者として<いろいろ「政治活動」>して、YouTubeに上げれば、
供託金分も稼げてしまうとか。売名が懐痛まずやれるってことか。

千葉県知事さんの案も一考に値するけれども、私はじゃあこう提案する。

1)出馬・立候補者は須く最高法規である憲法についての試験にパスすること
(たとえ改正論者でも、逆にだからこそ現憲法をよく知っていなければならないし)。

2)己の主義主張を800字以内の論文にし、不偏不党の国語学者に評価してもらい、
誤字脱字はそれぞれ1点ずつマイナス、文法上の誤りはそれぞれ3点マイナス、
論理構成上の瑕疵については2人以上の学者がA〜Dの評価でDをつけたらマイナス
30点とし、合格点は100点中70点以上とすること。

3)3時間の議会ビデオを見ながら、その論点を整理し、理解しているかテストする。
客観的な穴埋め問題とし、70点以上を合格とすること。
なお、途中で眠ってしまったら即試験中止、失格とすること。

4)自治体の首長選の場合は、その自治体の基本知識についてのテストを課す。
例えば東京都に関してなら、「明治神宮の森は人工林か自然林か」というような基本も
基本の問題から、23区の名称と位置、多摩地区26市3町1村、さらに島嶼部の名称と
位置に関する問題、さらにそれぞれの自治体が抱える主要な問題についての知識テストを
70点以上でクリアすること。

5)学歴については、「大卒」ということならば、3ヶ月以内に取得した卒業証明書と
成績証明書を提出すること。

大笑ひ。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。