SSブログ

2024 夏至前日日記

夏至だ。

昨日娘と孫に会いに都心某所へ。
それもpottering、すなわちcyclingで行った。
寄り道しながらだから往復40km近くは走ったと思う。

志ん生さんのように、道順を追ってみるー

行きは、環八千歳台付近からマイナーな都道に入り桜上水経由で下高井戸駅、
そこから甲州街道。大原で環七に入って、青梅街道へ。
東高円寺で左折し大久保通り、「租界」の大久保や新大久保を経て(後悔しつつ)、
牛込柳町で左折、外苑東通りを行き、漱石公園に寄ってみようと思ったが道路とかが
工事中で入れず。そこから地蔵通りに在る店に入って二人と会食。

帰りは、地蔵坂を上って矢来町の住宅街へ入り、旧牛込商業の脇を通り、
牛込中央通りに出て、払方町へ入って5年暮らした砂土原町・鰻坂の
「ウナギの寝所マンション」へ。もう10年ぶりか、この再訪は。
そこから外堀通りへ出て、市谷の旧SME(Sony Music Entertainment)ビルを
右手に見つつ、新宿通りへ出て、再び外苑東通りに入って適当に右折、大京町へ抜け、
千駄ヶ谷へ入って左に「将棋の社」鳩森神社を見て明治通りを突っ切り原宿駅前へ。
そこから代々木公園の歩道を走って富ヶ谷、山手通りを横断し井の頭通りに入る。
代々木上原を通過、モスクを左に見つつ、大山辺りで適当に左折、
知らないうちに淡島通りの成れの果ての丁字路に至り、松陰神社、
世田谷区役所前を通って、城山通り、環八、ということだった。

帰ってきてヘトヘトにはならなかったが、とにかく蒸し暑さに辟易し、すぐシャワー。
ABEMAを見ると叡王戦藤井vs伊藤のちょうど佳境だった。
50:50ということだったが、その評価値以上に伊藤優勢に見えた。
時間攻めもきくほどの持ち時間差がついていて、これは「伊藤匠くん、とうとうか!」と
私は色めきたった。

<それがどうした>ながら、同じ世田谷区民として匠七段推しの私だ、
興奮せずにいらりょうか。

藤井叡王(八冠)はほぼ最後まで指し切って投了!

あまりの強さに10年は八冠維持するのではと言われていた藤井さんを「たっくん」が
一敗地に塗れさせた(大袈裟だ!)。

しかし藤井さんはgood loserだった。
さすがであった。

無敵の大天才を3勝2敗で下した伊藤匠新叡王も、まごうことなき大天才だ。

本当におめでとうございます。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。